感染症予防には「腸内環境」を整えるべし!【腸から免疫UP】

カラダ

感染症って怖いなあ…。予防するには何をすればいいの?

今回はこんな悩みを持つ方向けの記事です。

感染症対策としては、

  • マスク着用
  • 手洗い/うがいの徹底
  • 密閉/密集空間を避ける
  • 定期的な空気の換気

などが挙げられますよね。

実はこれに加え、腸内環境を整えることが非常に大切なのです。

本記事ではその理由を簡単にご紹介します!

腸のはたらきとは

まず、腸のはたらきについてざっと確認します。

腸の主なはたらきは以下の通り。

①食べ物を消化し、栄養素を吸収する

②水分を吸収して便をつくる

③外敵から体を守る

順に見ていきましょう。

①食べ物の消化+栄養素の吸収

私たちが食べた物はで一旦消化されます。

そして、胃で消化しきれなかった物が小腸でさらに分解され、

細かく分解した後にその栄養素が吸収されていきます。

②水分の吸収+便の生成

小腸で吸収し切れなかった残りかすについては、大腸でさらに分解されます。

また、そこで水分も吸収してほど良い固さの便が作り出されていくのです。

③免疫機能

外敵から敵を守る≒免疫機能と関わるということです。

腸には腸内フローラと呼ばれる腸内細菌の集まりが住んでおり、

その中の善玉菌は病原体が増えるのを抑えてくれます

また、腸内は粘膜に覆われているため、病原体が住みつくのを妨げてくれるのです。

腸内環境と免疫機能の関わり

上記③のように、口から入った病原体を撃退するために腸は重要なはたらきをしています。

ただ、腸内環境が整っていないと、これらのはたらきが上手く作用しないのです。

そして、腸内環境を整えるには腸内フローラを意識することが大切です。

腸内フローラ

腸内フローラはざっくり言うと3種類の腸内細菌の集まりです。

  • 善玉菌…良いはたらきをする菌
  • 悪玉菌…悪いはたらきをする菌
  • 日和見菌…上記2つの多い方の味方となる菌

腸内環境を整えるためには、腸内フローラの善玉菌を増やすことが大切です。

腸内の善玉菌を増やすには

腸内の善玉菌を増やすには、食品やサプリメントから良い菌等を摂取することが必要です。

ちなみに良い菌の例としては、

  • 乳酸菌(ビフィズス菌)
  • 酵母菌
  • 納豆菌
  • 麹菌

などが挙げられますね。

また、これらのエサとなり良い菌を増やしてくれる成分としては、

  • 食物繊維
  • オリゴ糖

などが挙げられ、これらをバランス良く摂取したいところです。

腸内環境を整えるおすすめ食品・サプリメント

ヨーグルト

ヨーグルトなどの発酵食品には乳酸菌が多く含まれています。

最近はヨーグルトの種類も増えていますが、

続けられやすい商品を選んでいきたいところですね!

個人的には明治のブルガリアヨーグルトにジャムをかけて食べるのがおすすめです。

また、カスピ海ヨーグルトなんかは種菌のみで販売されており、

牛乳と混ぜて自分オリジナルのヨーグルトを作ることも楽しそうですね♪

納豆

納豆菌が生成するナットウキナーゼやアミラーゼなどの酵素は、

腸内環境を整えてくれるだけでなく、血液もサラサラにしてくれます。

納豆が苦手な方はサプリメント等で摂取するのもアリですね。

キムチ

キムチには植物性の乳酸菌が多く含まれます。

植物性乳酸菌は他の微生物とも上手に生きていくことができ、

生命力の高い乳酸菌だと言われています。

あかねグラノラ

食物繊維が豊富なグラノーラです。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く含まれています。

味も非常に美味しいのでおすすめです!

オリゴ糖シロップ&サプリメント

オリゴ糖はシロップやサプリメントで摂取するのがおすすめです。

シロップはヨーグルトにかけたりすれば、

乳酸菌+オリゴ糖でより効果が期待できますよ♪

【まとめ】腸から免疫力を上げよう

腸には外敵から体を守るはたらきがあります。

つまり、腸と免疫機能には密接な関わりがあるということですね!

ただ、腸内環境が整っていないと免疫が正常に作動しません。

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を常に良い状態にしておきましょう♪

感染症が流行る世の中ですが、しっかり対策していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました