「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の違いを簡単に解説!

食事

近ごろよく聞く「乳酸菌」「ビフィズス菌」という言葉。

皆さん、この2つの違いって分かりますか?

カラダに良いことは分かるけど、どういう違いがあるのかは正直知らない…

このような感想を持たれる方が多いのではないでしょうか?

今日はこの2つの菌について、なるべく分かりやすく・簡潔に説明していきますね!

この記事を読んで、3分で「乳酸菌」「ビフィズス菌」の違いを学んでいきましょう!

乳酸菌とは

乳酸菌とは、「乳糖やブドウ糖を栄養源にして、乳酸を大量に作る細菌の総称」で、主に小腸に住んでいる菌になります。

「乳酸」というと、筋肉疲労時にたまる老廃物というイメージを持つ方もいるかと思います。

しかし、近年の研究で疲労度と乳酸値は関係なく、むしろ「乳酸」はエネルギー源となる物質であると証明されています。

また、乳酸をはじめとする有機酸については、上記働きのほかに有害菌の増殖を抑える効果もあるとされています。

乳酸菌がおなかに良いと言われているのは、腸の中の悪い菌を減らすはたらきがあると考えられているからということですね!

乳酸菌を多く含む食べ物の例としては、ヨーグルトなどの乳製品や、味噌やキムチ・ぬか漬けなどの発酵食品が挙げられます。

最近はチョコレートやビスケットなどのお菓子にも乳酸菌を含んでいる物もたくさんあるので、自分に合った摂取方法を選択したいですね!

ビフィズス菌について

次にビフィズス菌についてですが、彼らも乳酸菌と同じく、カラダに有用な「乳酸」を作り出すのに加え、「酢酸」という物質も作り出します。

また、乳酸菌が小腸に住んでいるのに対し、ビフィズス菌は主に大腸に住んでいるというのも異なるポイントですね!

気になるのが「酢酸」についてですね。

「酢酸」はお酢などに含まれることで有名ですが、その主なはたらきとして、脂肪の合成を抑制したり、疲労回復につながったり、血圧を下げてくれるなどの様々な効果があります。

また、殺菌作用が強く、免疫力向上も期待できます。

お酢がカラダに良いと言われている理由がよくわかりますねー。

また、「酢酸」についても「乳酸」と同じく有害菌の増殖を抑える効果もあります。

つまり、ビフィズス菌も腸内の悪い菌を減らしてくれるので、おなかに良いと言うことができるわけですね。

ただ、ビフィズス菌は動物や人の腸内で生息する常在菌であるため、加工されていない食品には基本的には含まれておらず、ビフィズス菌を添加したヨーグルトなどから摂取する必要があります。

もしくは、体内にもともと住んでいるビフィズス菌にエサを与えて増殖させていくという方法もあり、ビフィズス菌のエサとなる「オリゴ糖」「食物繊維」などを摂ることによって体内のビフィズス菌は増えていきます。

結局どっちがカラダにいいの?

上記説明のように、乳酸菌もビフィズス菌も「乳酸」や「酢酸」を作り出すことから、両方ともカラダに良い菌であることが証明されています。

じゃあ結局どっちを摂ればいいのかという疑問が生まれますが、結論としては「できれば合わせて摂ったほうがいい」です!笑 

こんな結論ですみません…

ここで一つ理解していただきたいのが、乳酸菌は「小腸」に住んでいるのに対し、ビフィズス菌は「大腸」に住んでおり、それぞれはたらく場所が違っているわけですね。

有害菌を減らす乳酸菌・ビフィズス菌は両方ともおなかに良いとされていますが、どっちかを継続摂取しても期待した効果が得られない場合は、両方を含む食品を選んで摂取していくのも一つの手かもしれません。

また、これらを含む食品やサプリはあくまでも薬ではないので、即効性は期待できないかもしれません(個人差はありますが)。

日々の生活の中で意識して継続的に摂取することがポイントかもしれませんね!

要は日ごろの食事・生活から小腸も大腸も良い菌を増やしておいて、腸を万全な状態に保ちましょうというのが個人的な意見です!

まとめ

今回の内容のまとめは以下の通りです。

  • 「乳酸菌」も「ビフィズス菌」も有害菌の増殖を抑え、腸内環境を改善してくれる
  • 「乳酸菌」が主に小腸ではたらくのに対し、「ビフィズス菌」は主に大腸ではたらく
  • 「乳酸菌」は乳酸を作り出し、「ビフィズス菌」は乳酸と酢酸を作り出す

いかがでしたでしょうか?ものすごーく簡単な説明でしたが、少しでも皆さまのお役に立てたら幸いです。

それではまた次回!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました