【腸内改善】「ビフィズス菌」とは?その効果を簡単に解説!

食事

ヨーグルトを中心にビフィズス菌を含んだ商品って多いですよね。そのビフィズス菌についてどれだけ知っていますか?

腸に良いってことはなんとなく分かるけど…

他にどんな特徴があるんだろう?

今回はこのような疑問を3分で解決できる記事になります!

定義

ここは飛ばしても構いませんが、念のため触れておきます。

そもそもビフィズス菌とは「腸内細菌の一種で、ビフィドバクテリウム属に所属するもの」を指します。うん、よく分からないですね(笑)

また、乳酸を大量に作る菌を乳酸菌と言います。ビフィズス菌は乳酸以外に酢酸も作りますが、広い意味では乳酸菌の仲間とされています。(厳密に見ると分類は異なります)

そして、ビフィズス菌はV字やY字に枝分かれした特徴的な形をしており、名前のビフィズスは「分岐」を意味するラテン語「ビフィド」に由来しています。

効果/はたらき

ビフィズス菌を摂取することで、私たちの身体にとっても良い効果が期待できます!

整腸作用

ビフィズス菌には、腸内の悪い菌を減らして良い菌を増やしてくれるはたらきがあり、それによって腸内フローラが改善され、腸内環境が整います。

その結果、腸内環境と強い結びつきのある便秘改善・排便効果も期待できます。

感染症予防

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出すはたらきがあるのですが、この酢酸には強い殺菌効果があるのです。

そのため感染症の原因となる病原体が体内に侵入してきても、ビフィズス菌を継続して摂取していれば、ビフィズス菌が作り出した酢酸が病原体を退治してくれるというわけです。

栄養素の合成

実はビフィズス菌にはビタミンB群やビタミンKなどの栄養素の合成を促進するはたらきもあります。

逆に言うと体内のビフィズス菌の数が減少するとビタミンの合成も滞り、ビタミンB群不足の際に見られる口内炎や肌荒れなどのトラブルが起きやすくなるので注意が必要です。

摂取すべき人

実はビフィズス菌は赤ちゃんの腸内フローラの中で圧倒的に多く見られます。これはビフィズス菌が母乳に多く含まれることに由来します。

乳幼児の腸内フローラにおけるビフィズス菌の割合が90%程度なのに対し、成人の腸内フローラにおけるビフィズス菌の割合はおよそ10%程度と言われています。

また、ビフィズス菌の数は加齢により減少していくことが研究データとして挙げられています。

つまり、ビフィズス菌は大人の方こそ積極的に摂取するべきなのです。

ビフィズス菌を増やすには

体内のビフィズス菌を増やすには大きく以下の2つのパターンがあります。

  1. ヨーグルトなどを食べて、ビフィズス菌を摂取する
  2. オリゴ糖や食物繊維などを摂取して、ビフィズス菌を増殖させる

1番の方は分かりやすいかと思います。ヨーグルトなどはビフィズス菌を多く含んでいる商品も多いので、スーパーやコンビニに行って見てみてはいかがでしょうか?

2番はちょっと専門的な内容になりますが、オリゴ糖や食物繊維などには実はビフィズス菌を増やしてくれるはたらきがあるのです!

正確に言うとオリゴ糖や食物繊維などがビフィズス菌のエサ(栄養源)になることで、ビフィズス菌が増殖していくという仕組みですね。なので、これらの成分を含む食品を摂ることでも、体内のビフィズス菌を増やすことは可能です。

前回紹介した「シンバイオティクス」にも関わってくる部分なので、興味のある方はぜひそちらの方も読んでみてください!

まとめ

今回の内容を簡単にまとめますと以下の通りになります。

  • ビフィズス菌のはたらきとしては「整腸作用」「感染症予防」「栄養素の合成」などの効果が期待できる。
  • 体内のビフィズス菌は加齢により減少するため、大人の方こそ摂取すべき
  • ビフィズス菌を増やすには、ヨーグルト等で摂取するか、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を含む食品を摂取することが大切。

以上、今回の記事で学んだことを日々の健康維持に役立ててくださいね!それではまた次回!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました