便秘の種類・原因・対処法とは?便秘について簡単に解説します!

カラダ

便秘って辛いですよね…。

私は便秘ではないのですが、周りに便秘で悩んでいる方も多いので、老若男女問わず悩んでいる方が多い「便秘」について今回はスポットを当てていきます。

この記事で便秘の「種類」「原因」「解決策」を3分で学んでいきましょう。

便秘の定義

そもそも便秘ってどのような症状を指すのでしょうか?

実は便秘の定義は明確には決まっていません。

一応、便秘の典型的な症状としては「排便回数が少ない(3日以上排便がない)」「便が硬い(コロコロ状の便が出る)」「排便後に残便後・不快感がある」などが挙げられ、

これらの症状に一つでも心当たりがあれば便秘を疑ってもいいかもしれません。

便秘の原因

便秘はその原因によって「機能性便秘」と「器質性便秘」に分けられます。

そして、機能性便秘はさらに「弛緩性便秘」「直腸性便秘」「けいれん性便秘」の3種類に分けられます。

弛緩性便秘

腹筋などの筋力が弱いと、腸のぜん動運動が弱くなり十分に便が押し出せなくなります

要は腸に入ってきた食べ物を肛門まで運ぶことができない状態になっているのが、この「弛緩性便秘」になります。

日本人で最も多い便秘の種類であり、ポッコリお腹が気になるという方は弛緩性便秘の可能性が高いです。

直腸性便秘

便意があるのにも関わらず、忙しかったりして便意を無視することなどにより、直腸の反応が鈍くなることがあります。

それによって便意を感じにくくなることで起こる便秘を「直腸性便秘」と呼びます。

トイレを我慢しがちな女性や、トイレに行きづらい職場環境に身を置く方などに多く見られます。

けいれん性便秘

腸の活動が過剰になりぜん動運動が強すぎることで、便が通りにくくなることがあり、それによる便秘を「けいれん性便秘」と言います。

精神的なストレスなどが原因の可能性が高いです。

器質性便秘

腸に病気が生じて狭い部分ができるなど、構造上の異常があるために便の通過が妨げられて起こる便秘を「器質性便秘」と言います。

上記の直腸性便秘と異なり基本的には病気を原因とするので、放置をすると命に関わる危険性があります。

女性の便秘

便秘に悩むのは男性よりも女性が多いと言われています。

その原因は以下のようなものが挙げられます。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの分泌が乱れると腸の運動に影響してきます。

生理前だと便秘になり、生理が来ると便秘が治りやすくなるのはこれが原因しています。

筋力不足

一般に男性と比較して女性の方が筋力が低いため、便を押し出す腹筋の力が弱く、便秘になりやすい傾向にあります。

逆に言うと腹筋をつけることで便秘予防にもつながると言えるでしょう。

ダイエットの影響

女性は男性よりも体型を気にする方が多いですが、体型を気にするあまり無理なダイエットをして食事の量を極端に減らしてしまうことがあります。

食べる量が減ると作られる便の量も減るため、必然的に便意を催しにくくなります。

便意の我慢

忙しさや羞恥心からトイレに行くのを我慢する女性が多いですが、

無理な我慢を続けると段々と便意を感じづらい体質になっていくと言われています。

便秘の影響

便秘が続いてしまうと以下のような影響があります。

食欲不振

便秘によるお腹の張りのせいで胃が圧迫され、食欲が落ちることがあります。

さらに、食欲が無いせいで何も食べない状態でいると、便も作られず便秘が続くという悪循環に陥ります。

しかし、食欲が無い中でご飯を食べるのは簡単なことではないので、そのような場合はフルーツやサラダなど食べやすい物から少しづつ食べるようにしてみましょう

それすらも難しい場合は、せめて飲み物だけでも積極的に飲むように心がけましょう。

お腹の痛み

便秘でお腹にガスが溜まるとお腹がはって痛みを覚えることがあります。

また、ガスの影響でオナラの回数も増える場合もあります。

お腹のはり・痛みに対しては無理に便をしようとせず、まずはお腹を温めることをしてみてください

温めることでお腹の血流を良くし、それで痛みが和らぐことも期待できます。

肌荒れ

便秘が続くと体内の老廃物が排出されづらくなり、結果としてにまでその影響が及びます。

また、腸内環境が悪いと便秘になりやすいのですが、腸は食べ物から栄養を吸収する器官なので、栄養の吸収が鈍くなり肌にまで必要な栄養分が届かないことも原因の一つとされています。

便秘によって硬い便しか出せない状況が続き無理に排便しようとすると、肛門に過度な負荷がかかりになりやすくなります。

便秘の予防・対処法

上記のように辛い症状にも繋がる便秘ですが、どのように予防・対処していけば良いのでしょうか?

腸内環境を改善する

便秘の大きな原因の一つとして「腸内環境の悪化」が挙げられます。

そのため、腸内の善玉菌(有用菌)を増やして悪玉菌(有害菌)を減らすことがとても重要です。

腸内環境を改善するために効果の期待できる成分として、まず「乳酸菌・ビフィズス菌」があげられます。

これらを多く含む乳製品・乳酸菌飲料などを意識して摂取することで、善玉菌を増やすことができます。

また、その際に乳酸菌・ビフィズス菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖などを含む商品も同時に摂ることでより効果を期待できるでしょう。

乳製品以外であれば、「納豆」「キムチ」などの発酵食品も腸内環境改善に大きく貢献してくれるので、積極的に普段から食べていきたいですね!

また、整腸剤などで錠剤から摂取するのも選択肢の一つとして有効だと思います。

過度なダイエットをしない

過度なダイエットにより極端に食事制限をしてしまうと、便秘につながる恐れがあるので食事はしっかり摂るようにしましょう。

便のもととなる物は私たちの食事によってできていることを今一度認識し直すことが大切ですね。

筋力をつける

お腹周りの筋肉量が少ないと便を押し出す力も弱くなるので、マッチョになる必要は全くありませんが、ある程度の筋肉をつけておくことで便秘の予防に繋がると考えて良いでしょう。

便意を我慢しない

無理に便意を我慢するのを続けてしまうと、便意を催しづらい体質になってしまうので、可能な限り便意を感じた時点でトイレに行くことを心がけましょう。

以上、今回の記事が少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。それではまた次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました